経産省未来開拓研究プロジェクト(2012-2013年度)NEDOプロジェクト(2014-2021年度)有機ケイ素機能性化学品 製造プロセス技術開発(ケイ素プロジェクト)

日本化学会第96春季年会にて、アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP)『天然資源としてのケイ素が鍵を握る機能性材料』を開催しました。

地球上にほぼ無尽蔵に存在する普遍元素であるケイ素は,資源利用効率最大化の観点から最も重要な化学資源の一つです。従来からのケイ素化学工業の中核である半導体や太陽電池からシリコーンのような高機能有機ケイ素材料まで,ケイ素は様々な産業分野で鍵物質として利用されており,その重要性は増す一方です。『天然資源としてのケイ素が鍵を握る機能性材料』では,産学を代表する研究者を招いて,ケイ素化学およびケイ素材料研究の最先端を紹介した。

〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
電話・FAX 029-861-6052

Copyright ©2021 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター All Rights Reserved.